VWレイトバスのマフラー塗装

前回、サビが出てきたと書いたマフラーを耐熱スプレーで塗装しました。耐熱スプレーは「ソフト99 耐熱ペイント 黒 300ml」という商品を近所のホームセンターのカー用品コーナーで買ってきました。硬化後の耐熱温度600℃となっています。缶の表示を見るとエグゾーストパイプ付近で400〜500℃となっていますがレイトバスの場合の実際の温度は不明です。

バンパーを新聞紙でマスキングしてエグゾーストパイプからマフラーの付け根部分までスプレーしました。1度に厚塗りしないで塗ったら乾燥させてという作業を複数回に分けてやるようにと書いてあります。塗装が終わったら常温で1時間以上乾燥後にエンジンをかけて1時間以上熱を加えてあげると塗料が硬化するそうです。意外と手間暇かかる作業ですね。時間のある晴れた日にやらないとうまくないですな。このブログを書きながら塗っては乾かしをやっていますがそのくらいの余裕がある日がいいですね。これでどのくらい塗装が持ってくれるのかまた書きたいと思います。

 

This entry was posted in メンテナンス, レイトバス, 空冷VW. Bookmark the permalink.

コメントを残す