今、新車で買えるマニュアル車

現在、新車で買えるマニュアル車を調べてみました

(商用車、トラックは除く)
最近はAT限定免許が出来たり、エコカーが主流のせいかマニュアルミッションのクルマが少なくなりました。

自分は旧車の方が好きなのであまり影響はないですが、選択肢は少ないですね。

2012/07/24現在

トヨタ自動車

車種 グレード名 価格
(万円)
MT 駆動方式 排気量(cc)
86 2.0 RC 199.0 6MT FR 1998
2.0 G 241.0 6MT FR 1998
2.0 GT 279.0 6MT FR 1998
20. GT リミテッド 297.0 6MT FR 1998
iQ 1.3 130G MT 163.0 6MT FF 1329
1.3 130G MT
レザーパッケージ
173.0 6MT FF 1329
ヴィッツ 1.5 RS 180.0 5MT FF 1496
オーリス 1.8 RS 209.6 6MT FF 1797
カローラアクシオ 1.5 X 137.7 5MT FF 1496
1.5 G 158.7 5MT FF 1496
カローラフィールダー 1.5 X 153.2 5MT FF 1496
1.5 G 167.2 5MT FF 1496
1.5 G エアロツアラー 176.7 5MT FF 1496
ラッシュ 1.5 X 4WD 177.3 5MT 4WD 1495
1.5 G 4WD 187.7 5MT 4WD 1495
1.5 G Lパッケージ4WD 200.9 5MT 4WD 1495

日産自動車

車種 グレード名 価格
(万円)
MT 駆動方式 排気量(cc)
エクストレイル 2.0 20GT

ディーゼルターボ 4WD

312.4 6MT 4WD 1995
オッティ 660 S 105.2 5MT FF 657
660 S FOUR 4WD 116.4 5MT 4WD 657
スカイラインクーペ 3.7 370GT タイプS 462.0 6MT FR 3696
3.7 370GT タイプSP 491.4 6MT FR 3696
ノート 1.6 16X 140.9 5MT FF 1597
フェアレディZ 3.7 367.5 6MT FR 3696
3.7 バージョン S 414.8 6MT FR 3696
3.7 バージョン ST 441.0 6MT FR 3696
フェアレディZロードスター 3.7 438.9 6MT FR 3696
3.7 バージョン ST 501.9 6MT FR 3696

本田技研工業

車種 グレード名 価格
(万円)
MT 駆動方式 排気量(cc)
CR-Z 1.5 ベータ 226.8 6MT FF 1496
1.5 アルファ 249.8 6MT FF 1496
1.5 アルファ
ブラックレーベル
251.0 6MT FF 1496
シビックタイプRユーロ 2.0 300.0 6MT FF 1998
バモス 660 G 124.7 5MT MID 656
660 G 4WD 137.2 5MT 4WD 656
バモスホビオ 660 G 122.7 5MT MID 656
660 G 4WD 135.2 5MT 4WD 656
フィット 1.3 G 123.0 5MT FF 1339
1.5 RS 174.0 6MT FF 1496
フィットハイブリッド 1.5 RS 196.0 6MT FF 1496

三菱自動車

車種 グレード名 価格
(万円)
MT 駆動方式 排気量(cc)
eKワゴン 660 M 98.2 5MT FF 657
660 M 4WD 110.8 5MT 4WD 657
コルト 1.5 ラリーアート
バージョンR
198.5 5MT FF 1468
パジェロ 3.0 ショートVR-I 4WD 260.4 5MT 4WD 2972
3.0 ロング GR 4WD 289.8 5MT 4WD 2972
ミニカ 660 ライラ 58.3 5MT FF 657
660 ナッティ 75.2 5MT FF 657
660 ナッティ 4WD 87.8 5MT 4WD 657
ランサーエボリューション 2.0 RS X 4WD 315.0 5MT 4WD 1998
2.0 GSR X 4WD 378.6 5MT 4WD 1998
2.0 GSR X
スタイリッシュエクステリア 4WD
391.9 5MT 4WD 1998
2.0 GSR X
ハイパフォーマンスパッケージ 4WD
399.6 5MT 4WD 1998

マツダ

車種 グレード名 価格
(万円)
MT 駆動方式 排気量(cc)
AZ-オフロード 660 XC 4WD 147.2 5MT 4WD 658
AZワゴン 660 XG 108.7 5MT FF 658
660 XG 4WD 120.4 5MT 4WD 658
RX-8 タイプS 293.0 6MT FR 1308
RX-9 タイプRS 318.0 6MT FR 1308
アクセラスポーツ 2.3 マツダスピード 267.8 6MT FF 2260
2.5 25Z 275.0 6MT FF 2488
キャロル 660 GS 90.0 5MT FF 658
デミオ 1.3 13C 114.0 5MT FF 1348
1.5 15C 133.5 5MT FF 1498
1.5 スポルト 162.2 5MT FF 1498
ロードスター 2.0 S 233.0 5MT FR 1998
2.0 NR-A 245.0 5MT FR 1998
2.0 RS 260.0 6MT FR 1998
2.0 RS RHT 286.0 6MT FR 1998

スバル

車種 グレード名 価格
(万円)
MT 駆動方式 排気量(cc)
BRZ 2.0 RA 205.8 6MT FR 1998
2.0 R 247.8 6MT FR 1998
2.0 S 279.3 6MT FR 1998
インプレッサG4 1.6 i 4WD 169.1 5MT 4WD 1599
1.6 i-L 4WD 184.8 5MT 4WD 1599
インプレッサSTI 2.0 WRX スペックC 17インチタイヤ仕様 4WD 332.9 6MT 4WD 1994
2.0 WRX スペックC 18インチタイヤ仕様 4WD 369.6 6MT 4WD 1994
2.0 WRX 4WD 373.8 6MT 4WD 1994
2.0 WRX プレミアムパッケージ 4WD 400.1 6MT 4WD 1994
インプレッサスポーツ 1.6 i 4WD 169.1 5MT 4WD 1599
1.6 i-L 4WD 184.8 5MT 4WD 1599
インプレッサハッチバックSTI 2.0 WRX スペックC 17インチタイヤ仕様 4WD 332.9 6MT 4WD 1994
2.0 WRX スペックC 18インチタイヤ仕様 4WD 364.4 6MT 4WD 1994
2.0 WRX 4WD 368.6 6MT 4WD 1994
2.0 WRX プレミアムパッケージ 4WD 394.8 6MT 4WD 1994
フォレスター 2.0 X 4WD 200.6 5MT 4WD 1995
2.0 XS 4WD 226.8 5MT 4WD 1995
2.0 XT 4WD 267.1 5MT 4WD 1995
プレオ 660 A 72.0 5MT FF 658
660 A グレードアップパッケージ 75.2 5MT FF 658
660 A 4WD 85.7 5MT 4WD 658
660 F スペシャル 87.6 5MT FF 658
660 A グレードアップパッケージ 4WD 88.9 5MT 4WD 658
660 F 96.6 5MT FF 658
660 F スペシャル 4WD 101.3 5MT 4WD 658
660 F 4WD 110.3 5MT 4WD 658

スズキ

車種 グレード名 価格
(万円)
MT 駆動方式 排気量(cc)
アルト 660 VP 67.7 5MT FF 658
660 F 80.9 5MT FF 658
660 F 4WD 96.3 5MT FF 658
エスクード 2.4 XG 4WD 209.0 5MT 4WD 2393
ジムニー 660 XG 4WD 126.0 5MT 4WD 658
660 XC 4WD 147.2 5MT 4WD 658
ジムニーシエラ 1.3 4WD 159.1 5MT 4WD 1328
スイフト 1.2 XG 124.4 5MT FF 1242
1.2 XL 131.8 5MT FF 1242
1.6 スポーツ 168.0 6MT FF 1586
ワゴンR 660 FX 107.1 5MT FF 658
660 FX 4WD 118.9 5MT 4WD 658

ダイハツ工業

車種 グレード名 価格
(万円)
MT 駆動方式 排気量(cc)
コペン 660 アクティブトップ 171.5 5MT FF 659
660 アルティメットエディションS 207.5 5MT FF 659
ビーゴ 1.5 CX スペシャル 4WD 176.3 5MT 4WD 1495
1.5 CX 4WD 186.7 5MT 4WD 1495
1.5 CX リミテッド 4WD 200.0 5MT 4WD 1495
ミラ 660 TX 72.0 5MT FF 658
660 TX 4WD 85.7 5MT 4WD 658
660 X スペシャル 86.0 5MT FF 658
660 X 95.0 5MT FF 658
660 X 4WD 99.7 5MT 4WD 658

詳しくは各メーカーホームページでご確認下さい。

チューリッヒ保険

オートバックスドットコム

価格.com 自動車保険

221616.com【ガリバー】

Posted in マニュアルミッション | Leave a comment

空冷VW愛車遍歴(2)

フォルクスワーゲン ビートル 1974年式

2台目となる空冷VWは黒いビートル。
右ハンドル、1600ccエンジン。
スポルマチックという変速機です。
こちらのページに詳しい説明がありました。
簡単にいうと自動クラッチの変速機でシフトレバーを下に押す感じでシフトチェンジするとクラッチが切れて変速してからクラッチが繋がります。
ペダルもアクセルペダルとブレーキペダルしかありません。
一応、L、1速、2速とありますが殆どの場合は発進時に1速に入れたままでOKです。オートマでいうとDレンジみたいな感じかな。
このスポルトマチック車はオートマ限定免許で乗れるそうです。
新しい(といっても’70年代後半とかですが)年式のタイプⅢとか結構スポルトマチックのクルマがあるのでオートマ限定の方も探してみては如何でしょうか

このビートルはバンパーをダブルバンパーにしてレトロな感じにしていました。
ボディの傷みも少なくてエンジンも快調でスポルトマチックでイージードライブできて楽しかったなぁ。
ボディが黒だったのでしょっちゅう洗車してないと埃まみれで白っぽくなるのが難点だったかな。

トラブルは停止すると共にエンストする現象が出た事がありました。
クラッチペダルがないのでクラッチを切って空吹かしすることもできず困りました。

それとファンベルトのプーリーが割れた事がありました。
出先で走行中になんか後ろで(リアエンジンなんで)異音がしたので退避できそうな所まで低速で走っていってエンジンフードをあけてみるとプーリーが割れていて絡まったベルトも切れてしまっていました。

これがないとエンジンが冷やせないので走れない!!
ということで田んぼ道に置き去りにして翌日にキャリーカーで回収しましたw

こうやって書いて見ると色々トラブルがあったみたいですが、黒ラブのビビさんを乗せて走ったりして楽しかったです。

Posted in ビートル, フォルクスワーゲン, 空冷VW | Leave a comment

空冷VW愛車遍歴(1)

フォルクスワーゲン タイプ2 シングルピックアップ

このクルマから空冷VWのある生活が始まった。
もう12年前の事です。
なぜか急に欲しい病が発症し、雑誌を買ったりして情報収集してました。
近くに空冷VWを扱っている店を探し、話を聞きに行った時にちょうどあったのがこのシングルピックアップ。

1961年式ということでしたが純正のウィンカーはついておらず、セマフォという機械式の方向指示器がついていた頃のモデルです。
さすがにセマフォはもう外されており、バイク用と思われるウィンカーランプが付けられていました。
このクルマのフロントガラスは1967年までのワーゲンバスと同じく真ん中で左右に分かれています。
さらにこのクルマのフロントウィンドウは開閉できるサファリウィンドウと呼ばれるものになっていました。
フロントウィンドウの窓枠の上側がヒンジになっていて内側から外側に向かって上に開きます。
そのため、ワイパーを水平にして固定できる仕組みになっています。
この窓はシールがよくなくて雨漏りしてたなぁ。雨の日はぞうきんが欠かせませんでしたw


運転席はベンチシート。
この頃の輸入車には珍しく右ハンドルです。
今のクルマしか見た事ない人はかなり驚くシンプルさでしょうね。
エンジンは2000ccにボアアップ、ツインキャブだったので結構走りました。

後ろからみたらこんな感じ。ナンバープレートが付いているのがエンジンフードです。ナンバープレートの上の赤いランプがテールランプ。左右に1つずつ付いているのがブレーキランプとウィンカー併用のランプです。これが暗くて昼間だと後ろから見て点灯しているのが判らない。車線変更とか怖かったなぁ

空冷VWのイベントに参加した時の写真です。
これは長野で行われたイベント。
ワーゲンバスやビートルなどいろんなクルマが見れて楽しかったです。

Posted in フォルクスワーゲン, 空冷VW | Leave a comment

今日のジムニー君

オイル交換

ジムニー君が来てから7ヶ月が過ぎました。その間の走行距離は約6000km。
もう少し早く交換したかったけど。

いつものクルマ屋さんで交換して貰おうと思っていましたが自分でやる事にしました。

エンジンルーム。真ん中の黒いのがエンジンオイルの注入口です。
これが結構固く締まっていて緩めるのに苦労した。
最終的にはマイナスドライバーを当ててゴムハンマーでコンと叩いたらあっさり緩んだ。

エンジンの下側にあるオイルのドレンボルト。
これを外すとエンジンオイルが流れ出てきます。
うちのジムニー君はリフトアップされているのでジャッキを使わなくても車体の下に入れますので非常に作業が楽です。

出てきた真っ黒なエンジンオイル。
あとでクルマ屋さんに処分してもらおうかな。
廃油パックを使うという手もあるんですがリサイクルされた方がエコかなと。

今回はオイルフィルターは交換しませんでした。
ジムニーの取説ではオイルフィルターを交換しない場合のオイル量は2.7リットルとなっています。
ドレンボルトのパッキンも新しいものに交換します。
エンジンの中の古いオイルが抜け切ったら、手で止まるまで締めてスパナで締めます。
トルクレンチを使うのがいいんでしょうけど、持っていませんので感覚で。

オイルはCastrol GTX DC-TURBO 10W-30にしました。

オイルとパッキンは近くのイエローハットで購入
パッキンは2枚入りで252円(純正品ではなく汎用品です)
オイルは4ℓ缶で1,980円でした。

オイルは注入口から入れますがオイルジョッキーを使います。
これもイエローハットとかホームセンターで売っています。
私は以前から2ℓのを持っていますのでそれを使いました。

取説上は2.7ℓ入る事になっていますが2ℓ位入れた後はオイルゲージで確認しつつ、足していきました。

暑くなってきてエンジンのためにも早く交換しなきゃと思っていたので気分すっきり。

ついでにタイヤクリーナーでタイヤを綺麗に洗浄してあげました。
オフロードは走ることがあまりないからこのタイヤはオーバースペックかなと思いますが眺めてるのにはいんだよなぁ

Posted in オイル交換, ジムニー | Leave a comment

今日のレイトバス君

洗車の時に!!

この前、洗車した時にフロントグリルの塗装の割れが酷くなっているのを発見!
まあ、こわくて見ないようにしてたんだけど、、、

本当はちゃんと直してあげたいけどなぁ、お金掛かるからなぁ。
所ジョージさんもご愛用、TAMIYA エポキシ造形パテ (高密度タイプ)の応急手当して雨水が入り込むのだけは防ごう

固まったところでサンドペーパーでならして塗装。色味が違うんだけど、、、
レストアした時に調合した塗料を分けて貰ってあったのですが何年も経っていたので使えなくなっていました。
来年の車検の時に他の部分も合わせて綺麗にして貰うかな

新潟米専門店が選んだ!今年一番の太鼓判銘柄【送料無料】10kg4980円
洗わずそのまま楽チン炊飯!【新潟産無洗米】好評発売中!
送料無料商品がいっぱい♪即日発送の新潟米専門店

Posted in レイトバス, 空冷VW | Leave a comment

カーナビ事情

レイト君とジムニー君で1つのゴリラを使う

このカーナビはゴリラNV-SB547DTという機種です。

レイト君とジムニー君で1台のゴリラを使い回すという事をしたいのでスタンドも都度取り外して取り付け直すという事にするつもりでした。

しかしジムニー君のダッシュボードに吸着させるのに両面接着シート(100×100mm)を貼って吸着させたため、これじゃあ何度も付けたり外したりが出来ないじゃないか!という事になってしまい、追加のスタンドを購入しました。

(ここに写っているスタンドはゴリラ本体に付属していたものです。)

下の写真はレイト君のダッシュボードです。
ここに貼ってあるの丸いシートがゴリラ本体に付属していたスタンドの吸盤を密着させるためのシートです。(元々はレイト君で使っていたのでこちらに純正が貼ってある)

これが購入したスタンドでSANYO Panasonic ゴリラ(gorilla) 適合A用 ゲル吸盤スタンド(GS02GA)+パーキング解除プラグ付き(AN-PKP1)  純正品番 NVP-TQ21 NVP-T20CA-PTQ22D CA-PT20D 対応ナビ用 車載用吸盤スタンドという製品です。

付属品のスタンドより取付位置が若干上になります。

 吸盤の裏側。透明保護シートは保管時に必要です。

画面の向き、傾きはボールジョイントで自在に調節可能です。
スタンドの後ろ側の出っ張った部分を押し下げると吸盤が吸い付いてロックされます。

尚、パーキング解除プラグというのが付いていますがこちらは使ってみていません。
レイト君もジムニー君も普段は通い慣れた道しか走らないのでナビは使いません。
しかし、遠出して知らない道を走る時には、やはり便利ですね。

最近の新車では初めからカーナビが付いているのが多いのでこんな事は考えなくていいかも知れませんがこんな事を考えてるのが楽しいんだなぁw

Posted in ジムニー, 空冷VW | Leave a comment

VW タイプ3 ノッチバック 1:24モデル

タイプ3 ノッチバック 1:24モデル買っちゃった

 緩衝材として入っている新聞紙が英字なのがいいね!

Posted in タイプ3, フォルクスワーゲン, 空冷VW | Leave a comment

今日のレイトバス君

洗車したのでご機嫌かな

昨日はセル回してるうちにバッテリーが弱ってきてしまってご機嫌ななめでしたがバッテリー充電して、洗車してあげたので今日はご機嫌だったみたいです。

Posted in フォルクスワーゲン, レイトバス, 空冷VW | Leave a comment

車庫入れも安心なリヤビューモニター

うちのレイト君にはリヤビューモニターがついています。

カメラはPanasonic製リヤビューカメラがルーフの雨樋のところに取り付けてあります。

モニターはルームミラータイプ。
普通にルームミラーをみる感覚なのがいいね!

これは車庫入れ中の映像です。
画像のサイズも選択可能ですがいつもフルサイズで使っています。

電源の取り方の問題かと思われますが雨の夜にワイパーを動かすとモニターが消えるという問題が今後の課題ですww

Posted in バックモニター, フォルクスワーゲン, レイトバス, 空冷VW | Leave a comment

レイト君で車中泊

車中泊用ベッドの改良

春先に車中泊用にベッドを作ってみたのですが使い勝手がイマイチだったので改良をしてみました。

ちょっと判り難い写真ですがホームコンテナ2つを脚にしてその上に2×1材とベニヤ板で作った天板を載せるだけの簡易なものでしたが、結構大きくて重いし、コンテナの中にあるものを取り出すのにベッドを持ち上げねばならないという問題もありました。

そこで今回は脚となる部分を別に作製し、天板には軽い2×1材を並べておくようにしてみました。天板と脚はビスで固定していないので使わない時はバラせるようになっています。
また、こうする事によって前側の脚をテーブルとして使う事も出来るので便利かなと。ちなみに真ん中のオレンジ色のはセカンドシートです。写真では背もたれを倒していますがベッドを使わない時は起こして座る事ができます。


Posted in レイトバス, 空冷VW | Leave a comment